マーベラスサンデーとは

当時隆盛を誇った早田牧場産サンデーサイレンス産駒の期待馬としてデビューから2連勝しクラシックを目指すが骨折が判明し休養を余儀なくされる。

1年後に復帰を果たすが初戦は4着に敗退。 しかし、その後3連勝で重賞であるエプソムC(G3)を制すと素質が開花し札幌記念(G3)、朝日チャレンジC(G3)、京都大賞典(G2)と重賞4連勝を達成する。 満を持して臨んだ天皇賞(秋)(G1)では2番人気に支持されるもバブルガムフェローの4着に終わる。 続く有馬記念(G1)ではサクラローレルの2着に入り素質の片鱗を見せながらG1未勝利で年内の競走を終える。

5歳となり年明け産経大阪杯(G2)から始動し順当に勝利すると天皇賞(春)(G1)に駒を進めた。 3番人気に支持されるもマヤノトップガン、サクラローレルに先着することが出来ず3着に終わる。 続く宝塚記念(G1)は有力馬の回避もあり1番人気に支持される。 バブルガムフェローとの再戦になったがクビ差先着し見事初G1制覇を成し遂げた。

秋は順調さを欠いたため有馬記念(G1)にぶっつけで出走。 1番人気に支持されるもの無冠の3歳馬シルクジャスティスの叩きあいに破れ2着に留まった。 このレースを最期に現役を引退することが決まり繁殖生活に入った。

競馬ぶりは地味ながらも安定したレース運びは競馬ファンにとっては買いやすい馬であった。 故障を繰り返しながらも自分の力を発揮した同馬を賞賛する声が多い。

マーベラスサンデー血統

競走馬名:マーベラスサンデー

血統:父サンデーサイレンス 母モミジダンサー(ヴァイスリーガル )

父のサンデーサイレンスは、日本で活躍し数々のG1馬を産み出した大種牡馬。
3冠馬ディープインパクトを送り出し名声を不動のものとした。

母はヴァイスリーガル 産駒のモミジダンサー。

マーベラスサンデー産駒の特徴

マーベラスサンデー産駒は、 芝、ダート問わずの活躍を見せている。やや体が硬い仔が多いのがネックだが総じて成長力がありタフな活躍を見せる。
産駒一覧

種牡馬リンク

ディープインパクトアグネスタキオンジャングルポケットフジキセキ
クロフネブライアンズタイム ダンスインザダークサクラバクシンオー
キングカメハメハネオユニヴァース グラスワンダータニノギムレット
シンボリクリスエスマンハッタンカフェ アドマイヤベガスペシャルウィーク
タイキシャトルステイゴールドキングヘイロー マヤノトップガン
アグネスデジタルマイネルラヴ ウォーエンブレムゴールドアリュール
エルコンドルパサーフサイチコンコルド